札幌のクリーニング・ナイトランドリー・レンタルユニフォーム・リネンサプライ 有限会社クリンアイデアル/有限会社アイデアル/NPO法人即洗力

0120-572-461

米スターチ

開発コンセプト「誕生ストーリー」

天然原料ならではのやさしい風合いと仕上がり、環境にも優しい業務用洗濯のり「米スターチ」。
肌にもやさしいこの洗濯のりの主原料は100%国産米粉。
そして、作り出したのも100%北海道の企業だったのです。

国産にこだわった洗濯のりの誕生

山道
国産の安心な業務用洗濯のり、というコンセプトは何年も前から考えていました。飲食業の方々は北海道の素材に以前からとてもこだわっていたと思います。我々クリーニング業界でも、こうした取り組みができないかなという思いがあったんですね。

勝山
「米スターチ」の大きな特徴は、国産米粉を100%使い、北海道の企業が力を合わせて産み出したという点にあります。ここには山道社長の強い思いがありました。

山道
国産にはこだわりましたね。それからもうひとつ、今、肌の弱い方が増えているんですよ。クリーニングでも「のり無しで」というお客様が多いです。実は自分もそうだったのですが、首周りなどが赤くなる、かぶれるという人が多いという背景があったんですね。そこで、肌にやさしい洗濯のりが欲しいという希望もあったのです。

勝山
のり付け成分の100%が天然素材なので、敏感肌の方も安心というのは重要なアピールポイントですよね。実は弊社では、肌の弱い方のための固形せっけんを製造販売しているのですが、それが大きなきっかけでした。

山道
スキンケア製品を開発されているということは聞いていたので当たってみようと。思いのたけをぶつけました。アポなしで(笑)

勝山
山道社長の情熱は別格でしたね(笑)。洗濯のりというのは弊社にとって全く未知のジャンルでしたが、国産原料にこだわった商品開発とのことで、非常にやる意義があると思いました。お話を伺ううちに、スキンケアという観点から言えば、せっけんとそれ程遠くない商品なのでは、と感じるようになりました。山道社長が思い描くイメージと我々の事業がうまく合致した結果、「米スターチ」が生まれたということです。

山道 裕樹
山道 裕樹
有限会社クリンアイデアル
代表取締役。
[国家資格] クリーニング師(北海道登録 第6062号)
「米スターチ」の開発など、精力的な取り組みを続けている。

米粉100%誕生ストーリー

勝山
最初はでんぷんの選定からはじまりました。トウモロコシや小麦、馬鈴薯など、いくつか試した中で、米粉が一番パリッとしたんですね。

山道
最初から、のりづけ感は良かったんですよ。ただ、置いておくと沈殿するし、どろどろになり、ヨーグルト臭がしてくるんですよ(笑)

勝山
あるいはお米が発酵した、お酒っぽい匂いになったり(笑)。原料はほとんど食べ物なので、いかに腐敗、沈殿しないようにするかが大変でした。あとは粘度の問題です。ここに大分時間がかかりました。研究室の中では配合を変えて、百数十種類試作をしました。その中から、二十種類くらい試作品を山道社長に試してもらいました。

山道
クリーニング工場というのは暑いのでね、とりわけ夏は暑い。過酷な環境のもと、最初の頃の試作品はどれも何日かすると、酔っぱらうんじゃないかという匂いがしてきて。のりをやめて、飲み物にするか、なんて話もあってね(笑)。

勝山
クリンアイデアルさんとクリーニング組合の方にご協力いただいた結果、徐々に製品として形になっていきました。苦労はありましたが、今後も改良を重ね、より良い物にしていきたいですね。

勝山 吉徳
株式会社GEL-Design
取締役・技術開発部部長・理学博士。
高機能ジェル開発に携わる。保冷ランチボックス「GEL-COOL」などの製品開発も担当。

肌にも環境にもやさしい「米スターチ」の力

勝山
「米スターチ」は、やわらかくやさしい風合いながら、シワをきちんと伸ばす効果があるという点が売りです。米のでんぷんは非常にきめ細かいので、のりとしても優秀。しかも、米粉以外の原料についても、全て口に入っても問題ない物を使用していますから、クリーニング工場からの排水も安心。機能と環境配慮を両立している製品といえます。

山道
もうひとつ大切な点ですが、スタッフの手が荒れないんです。以前は、手が荒れてガサガサで、かわいそうだったんですよ。それが「米スターチ」に変えてからは、みんなすべすべの手になって、もう握りしめたくなるような(笑)。

勝山
「米スターチ」エステですか(笑)。

山道
本当にそうなんですよ。やはり女性がメインで働いているので。スタッフも喜んでいますよ。もっともっと変えられる部分があるかも知れないですよね。洗剤やドライクリーニングにしても。

勝山
そういったものも、ひとつひとつ天然のもので置き換えていけるといいですね。今後も協力して、こだわりの新商品開発を進めていきたいです。

山道
当社では、通常ののり付けに米スターチを使用しています。「のり無し」をご希望のお客様にも「米スターチ」を使ったのり付けをお薦めしていますが、みなさんに「良かったよ」と喜んでいただいております。今までのり付けがダメだったお客様にご好評いただけるというのは光栄なことですね。

通常の米粉では分離してしまう(左)。分離させないのり作りも開発の大きな課題であった(右)。
幾多の試作品を検討した結果、なめらかで最適な粘度の「米スターチ」が完成した。
原料となる米粉。きめ細かい米粉成分が、衣類の繊維に入り込みしっかりとのり付けする。
米スターチ